2018年07月29日

サラリーマンから専業へA(サラリーマン時代の仕事の取り組み)


 サラリーマン時代にいつかは専業になろうと意識しはじめたのは、7年くらい前からです。
 再現性のある勝ちパターンをみつけたときに意識をしました。

 自分の時間は限られているので、家族との時間、サラリーマンの仕事、株の時間を考えを見つめ直しました。

 正直、サラリーマンの仕事の優先順位は下げていきました。
 具体的には、
 ・積極的に仕事しないこと
 ・有給をとること
 ・家で仕事をしないこと
 ・自己啓発をしないこと
 ・お昼休みはめいっぱいとること(株をやる)
 ・飲み会は断ること
  ついでに、会社に長くいないと思い、残業代は積極的につけました。あきらかに20代との仕事ぶりと変わったのです。

 ちなみに、上司にはよく反発しました。納得のいかない対応には必要以上に安易に反発しました。「やりにくい部下」と思われたと思います。

 その、結果、昇格は止まりました。30過ぎて一つ昇格してからそのポジションのままです。
 給料は増えませんでしたが、「株の利益が私のボーナス、つまり成果主義」と割り切りました。
 また、昇進しても、管理職になるだけで、残業代がなくなる関係から、更に昇進しないと収入は大幅にふえないのです。

 が、辞令の季節は、同期が次々に昇進行くので、2、3日は「辛らいが割り切れ!」と念じました。
  
 辞める前の部署は、本部で、いままでいた現場よりも優秀な人が多く、「随分と力の差が開いてしまったな」という思いを強く感じました。
 本部に移動になったのは、人事部が「楽せずに、もっと仕事せよ、チャンスも与える」というメッセージでした。
 人事担当の役員からもそれとなく「お前はいうことを聞かない(会社のメッセージを聞け)」と言われましたが、「辞めるつもり」の私には、それが合理的だとおもっていました。「今思うと、本当に申し訳なく」思います。優しい会社でした

 ただ、この1年間は会社の仕事を一生懸命働きました。働く時間は人より大幅に多かったです。「最後のお勤め」と思いました。
 サービス残業もしこたまやりました。

 大学卒業後、長く働かせてもらった「会社は、大好き」です。
 ストレスも多いけど「仕事も好き」です。
 会社に人生を支えてもらったことは「本当に感謝」しています。

 これからも、「会社の繁栄を心から祈っています」








posted by デブゴン at 12:05| Comment(0) | サラリーマンから専業へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: